CATEGORY SEARCH

MORE SEARCH >>

WORD(不動産用語)

内見(ないけん)

実際にお部屋を見ること。賃貸の中古物件などを見るときは「内見お願いします」と言う。新築分譲の場合は、なぜだか内覧。

即完(そっかん)

即日完売のこと。いくつか残っていても対外的には「即完」と言ったりする。

陸屋根

平べったい屋根のこと。勾配のない屋根。主にマンションなどで使われる。

手付金

契約の最初に払うお金。契約時に総額の一部を支払い、残金の支払時に代金の一部として充当する。

重要事項説明

売り主(貸し主)が買い主(借り主)に対して、物件に関しての重要な事項を契約前に説明、交付する書面。説明は宅地建物取引主任者によってなされる。重要事項説明および書面の交付をしないと、宅建業法違反となる。ここで疑問があれば、契約前に解決しておくべし。

引き渡し

建物または部屋を、借り主または買い主に引き渡すこと。

礼金

大家さん(貸し主)に、お礼の意味を含めて、契約時に賃料(家賃)相当分を支払うこと。「礼2」は、礼金は家賃2ヶ月分という意味。現在は「礼金なし」として取らない大家さんも増えてきた。

敷金

貸し室に何かあったときのために、契約時に大家さんに預けておく金額。退去時や、部屋に大きな損傷があった場合、敷金で充当する仕組み。これも家賃相当分、または家賃の何ヶ月過分を預けるが、最近は敷金なしの物件も増えている。

更新料

契約期間の延長の際に支払う料金。多くは家賃の1ヶ月分を支払う。敷金と違って戻ってこない。契約更新の際に火災保険料も支払うことが多い。更新の際の予算としては、1ヶ月分の更新料、1万円程度の火災保険料を用意する。